MENU

 最初は足元を固めることから、生活の方を何とか楽にしようという気持ちでパパ活をはじめていく事にしました。
同僚が使っている3つの出会い系サイトに登録、女性は無料ですからいくらでも使い倒すことができてしまいます。
すぐに食事を食べさせて欲しいと言う事をアピールしていきました。
年齢的にも本当に大丈夫かなという不安はあったものの、同僚はこうして相手をみつける事に成功しているのですから、声をかけてくれる男性も現れるはずだという期待も高まっていきます。
メールをしてみると、大人の関係を求める方もいました。
しかし、ちゃんと食事だけという事を理解している人もいます。
そういう人とはメール交換を続けていく事になりました。
男性によっても提示してくれるお小遣いの額はまったく違います。
それなりのお金を欲しかったし、条件の良い人が現れるまでじっくり待つことにしました。
富裕層の方というのは本当にいるもので、私に1回の食事で2万円ぐらい出してもいいと言う方も現れてきました。
こういう人が現れてメール交換を始めると、やっぱり気分は激しく盛り上がります。
誘われるがままに、食事にお付き合いをすることになりました。
初めて食事に出かけた方は50代後半の既婚男性、食事だけで2万円という条件は本当に眩しいものです。
食事代を浮かせることができて、とても美味しい高級な料理を食べさせて貰い、さらにその結果が2万円のお小遣いでした。
お金を受け取った時は、パパの前でガッツポーズしそうになってしまったんです(笑)。
しかも、継続して食事に付き合って欲しいという事も言われて、定期的な副収入が確約されました!

私にもパパ活でパパを探すことができて、食事を食べてお小遣いをもらえる関係を作り出せたのです。