MENU

 夫と離婚してからは1人暮らしをするようになり、スナックのアルバイトで生計を立ててます。
低価格を売り物にしているお店ですから、夜のお仕事とはいえ、決して給料は高くなかったりします。
ルックスだとかスタイルが良かったら、それでもキャバ嬢の仕事なんて言うのもできるんでしょうけど、どこから見ても普通の女って感じの私ですから、こういうお店しか仕事場がなかったって感じがします。
仕事自体は決して嫌いではありませんし、接客しているのも自分には合っているとは思うのですが、給料も安いので生活が大変なのです。
やっぱり新しい夫を作って、生活を楽にしたいという気持ちは強くなっていました。
前の夫は収入が少なかったですから、できれば高収入な男性と知り合いたい気持ちがありました。
リッチな人と知り合って、素敵な関係を作るって妄想が止まらない日もあります。
うちの店にやってくるお客さんからも、たまに告白なんかされることはあります。
だけど、決してお金持ちの人が通うお店ではありませんから、一緒になったとしても苦しいだけかもという感じでした。
本当にお金持ちの人と知り合いれば、どんなに楽なんだろうという気持ちばっかりでした。
再婚するなら、絶対ちゃんとした収入のある人だって決めています。
しかし、そうは決めていても出会いがまったくありません。
ある日、同僚の年上の女性が「そろそろ仕事を辞めるかもしれない」と言い出しました。
彼女も私と同じバツイチで、子供もいるはずでした。
だから、きっと給料の良いお仕事を見つけたのだと思っていました。
しかし、なんと再婚するかもしれないからと言い出しました。

いつの間に出会いを見つけていたのって感じです。
「どうやって出会いを?まさかお客さん?」
「まさか(笑)、うちの客って貧乏でしょう皆んな(笑)」
確かにその通りなのですが、それではどのようにして出会ったんだって感じてしまいました。